Skip to content

女性の仕事と英語

近年のグローバル化で日本と世界の距離はさらに短くなり、各国との交流や交易が活発となっています。日本には多くの外国人が、また日本人は世界の隅々まで出向き、互いに往来して接触しています。そしてその接触においては今や英語が世界共通の言語として使われることとなっています。
英語ができなければ世界で通用しないということは今に始まったことではありませんが、これが日常の世界にまで浸透してきたということです。従って、今までは日本のグローバルな企業で主に必要だった英語が、普通の会社や一般事務の仕事でも日常的に必要になってきました。
来日する外国人が増えてきたといっても、一般の日本人が日常的に英語で会話することはいまだ少なく、英語のできる人材は重宝されています。
インターネットの求人サイトだけでもかなりの数の英語のできる女性の求人募集が行われています。求人は外資系企業やグローバル企業は言うに及ばす、一般の会社において受付、一般事務、経理事務、会計マネージャー、営業、サービス業、インターネット関連職種、人材交流センター職員、WEBシステムインフラ運用など様々な職種に及んでいます。更には英文データ入力、翻訳・通訳とあらゆる職種に広がっています。
また、女性の総合職が増えるにつれ、海外勤務も増えています。このように英語関係の仕事は増え、女性の特質と相俟って企業等の求人がますます盛んになっています。
これからの女性は英語を武器に世界を見据えて活躍する機会が増えて行くことになるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です