Skip to content

資格と仕事

女性が自分に合った仕事に就きたいと考えるとき、資格の取得を検討することがあると思います。資格と言っても主に大きく3つに分類されます。国家資格、公的資格、民間資格です。国家資格は医師や弁護士、看護師や美容師、教師などその資格を取得していないと職業に従事出来ないものを言います。業務独占資格とも言うことが出来ます。国家試験は比較的難易度が高いものが多く、大学進学や専門学校に進学して学んだあとでなければ受験資格もありません。特に医師や弁護士の国家試験は難関国家試験と言われ、ストレートで合格する人も少ないと思います。公的資格は国家資格と民間資格の中間に位置する資格で、民間企業や団体が主催したものを国が認める、という資格です。身近なところだと秘書検定がそうです。履歴書に書けば自分のアピールポイントとなります。民間資格はその名の通り民間企業や団体が主催し資格を交付するのも民間企業な資格です。フードコーディネーターや医療事務などが該当します。その多くは趣味に活かせるものだったり、自分で持っていれば安心する、というものが多いです。ですので履歴書に書いてもあまり評価されなかったりなんの資格か分からない場合もあるようです。しかし多種多様な資格があるので、自分自身が満足したり勉強したことを証明したり残したりするにはとてもいいものだと思います。また、資格には職能資格制度というものがあります。これは能力主義を表したもので、同じ資格でも熟練度やレベルに合わせて階級が定められているものです。例えば建築士も1級と2級に分かれます。同じ建築士の資格ですが、1級の方がレベルが高く、出来ることも大きく違ってきます。この違いは職場での立場や給料などにも反映してきます。やりたい仕事、つきたいポジションにつくことと資格は、密接な関係があるのです。

自分がまだ知らない職業もあるかもしれません。新しい道が開けるかもしれませんよ。
<女性の働き方相談室>http://xn--w8j5cv65j8hhfnitui.net

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です